【案件】ZOOM(オンライン)木曜行修会 (5月28日)ご参加ありがとうございました。


【案件】ZOOM(オンライン)木曜行修会 開催通知(6月11日)

会場(リアル)での行修会を開催できないため、ZOOM(オンライン)行修会を以下のように行います。

●6/11(木)10時30分~13時
 朝礼/体操/養動法/安定打坐/グループディスカッション等を予定。(時間は、およそです。)

(おしゃべり会は、当面行いません。(グループディスカッションにてお話して頂くことにします。))

★参加、ご希望の方は、以下の木曜行修会メールアドレスまでご連絡下さい。

木曜行修会メールアドレス
mokuyo.gyosyukai@gmail.com

・ご参加をお待ちしております。

★連絡 天風会本部通達(コロナウィルス感染対応)により 3/4/5月に加え6月の天風会館での木曜行修会を中止致します。(2020年5月10日お知らせによる)

中村天風財団の行事の中止について(オンラインでの行事を除く) (中村天風財団HPをご欄下さい。)

●5月以降については、ZOOM(オンライン)木曜行修会をいたします。


 今回(2020/6/6)の中村天風先生 作品 は、113.「誦句集 坐右箴言」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(13つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/6/5)の中村天風先生 作品 は、112.「誦句集 信念の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(12つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/6/4)の中村天風先生 作品 は、111.「誦句集 統一箴言」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(11つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/6/3)の中村天風先生 作品 は、110.「誦句集 運命の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(10つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/6/2)の中村天風先生 作品 は、109.「誦句集 大偈の辞」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(9つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/6/1)の中村天風先生 作品 は、108.「誦句集 言葉の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(8つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/5/31)の中村天風先生 作品 は、107.「誦句集 人間本質自覚の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(7つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/5/30)の中村天風先生 作品 は、106.「誦句集 思考作用の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(6つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/5/29)の中村天風先生 作品 は、お待ちかねの105.「誦句集 力の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(5つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/5/28)の中村天風先生 作品 は、104.「誦句集 活力収受法の誦句」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。(4つ目)

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


 今回(2020/5/25)の中村天風先生 作品 は、101.「誦句集 序」です。

100回 掲載達成を記念して、誦句集を掲載します。

 中村天風先生 作品 軸 よりご欄下さい。


服部嘉夫先生の解説にyoutubeを共に表示しました。解説をみながらyoutubeをご欄下さい。

今回(2020/3/24)は、「心を直感力に従わせる」です。

★これで、今までにupしたものは終わりました。また、解説ができましたらupしていきます。



 

人生にとって最も大切なものとは!

 

アップル創業者
スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉
私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。
「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。だけれどあなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
   物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある   
人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
「健康な生活を送る本」
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために
あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。
スティーブ・ジョブス
1955
224 - 2011105

 


芝原英司さんのご講話を拝聴する。
現代版「学問のすすめ」と言えよう!
平成30年4月26日は、まさに新人生の誕生であった。
講話を一言で表すと「命動」が一番似合う表現である。
感動は二・三日もすれば忘れてしまう。しかし命動は一生涯続くいのちの揺さぶりである。
株式会社ショーエイコーポレーションの代表取締役芝原英司社長のお話を聞く機会に恵まれました\(^-^)/
まさに実践者であると実感させて貰いました。
年間一千万の利益しか上がらない会社が、バブルの渦に巻き込まれ、借金が三十億円に膨れ上がる。その借金をたった十年で全て返済。そこには返せるとの信念のみ!信念の裏付けは思考を変えただけと、簡単に言われる。
実績を積み重ねて、会社は東証上場となる。
社長としての見栄でもプライドでもない!
唯社員の方々が物心両面で豊かになることだけを、望んでの事であると言われる。
「私の会社の理念は『社員のため』に会社がある』!
そして、ご家族をとても大事にされている。
家族の大切さを、いのちの大切さを、愛することの大切さを、心底よりお話をされていた。
娘さんの病について語られる時は、参加者の涙を誘う。この娘さんの病を通して、心の底から社員の方々に、ありがとうと言えたとの事!命動‼️
経営と家族の関係は切っても切れないものであると、改めて実感する…
実績に裏付けされた、ご自身の実践そして心境の高め方、歓喜という喜んで働くなどなど、日々の行動のあり方を学ぶ。命動‼️
講演会の後の食事会では「私は会社より娘を選んだ。会社が大きくなるよりも、娘のいのちの方が大切」!
素晴らしい!命動‼️
芝原先生のように、いのちの大切さを語られる方が多くなれば、イジメなどの問題は絶対になくなる!
親・学校教育にも役に立つ、現代版学問のすすめ!でもある。
講演模様をビデオに撮ってあります。
このホーム画面メニューから実況録画youtubeへお入りください。
とにかく観て頂きたい!
誰のためではなく、自身の未来のため、今日一日のため、そして最も大事な今のために観て下さい。

 

4月26日(木)に会員談義を行いました。

芝原英司さん(大阪の会代表)です。テーマは 4/26演題:「天風哲学を経営に活かす」です。

youtubeにupしました。ご欄下さい。

 

                  服部嘉夫先生健康の心得十訓

 

              「長寿と健康」服部先生、木曜行修会講義

 

木曜行修会

 

 

「薬を必要としない体つくり」

 

薬は副作用があるので飲まない方が良いと云われます。勿論飲まなくて済むのが一番です。

 

ただ飲まないように、飲まないようにと云うだけでは、問題の解決になりませんし、無責任な感じがします。ではどのようにすれば飲まないですむことになるのでしょうか。人間には自然治癒力が存在します。でも、あるからと云って何もしなくて良いわけではありません。

 

「そのためには飲まなくて済む心と身体とを作り上げることが肝要である」

 

それが服部先生の教えです。

 

まずは、何も心配せずに自然治癒力の存在を信じます。次に下記の健康の心得十訓を実践します。

 

そうすることで薬を受付けない本当の健康な心と身体が出来上がります。この薬を受付けない心と身体こそ、命が存在する意味ではないでしょうか。

 

 

 

                記

 

少肉多菜(しょうにくたさい):肉類を減らし、野菜等を多くとる

 

少糖多蜜(しょうとうたみつ):糖分を少なくし、果物を多くとる

 

少塩多酢(しょうえんたさく):塩分を少なめにして、酢を多くとる

 

少食多噛(しょうしょくたぎょう):腹八分目にして、たくさんかんで食べる

 

少衣多浴(しょういたよく):薄着にして、多く陽にあたる

 

少車多歩(しょうしゃたふ):車に乗るより、多く歩く
少憂多眠(しょうゆうたみん):くよくよせず、多く眠る

 

少言多行(しょうげんたぎょう):言葉より、まず実行す

 

少欲多施(しょうよくたし):欲望は少なめに、多くの人に施す

 

少憤多笑(しょうふんたしょう):怒る事を少なくし、たくさん笑うようにする

 



問合せ先

山本正徳(携帯電話:080-1158-3807)

木下嘉平(携帯電話:090-3402-2985)